合同会社(LLC)独自の検討事項

合同会社(LLC)独自の検討事項

株式会社と異なり、合同会社(LLC)は内部自治(定款自治)が広く認められているので、組織形態につき検討をしておくべき事柄が色々とあります。
社員(出資者のこと)の間であらかじめ取り決めをして、定款に記載することで、独自の会社形態を作ることが可能です。

《業務執行社員・代表社員を決める》

合同会社(LLC)の出資者(社員)は原則として全員が業務執行者(株式会社の取締役のような役割)になります。
しかし、定款で定めることで、出資者(社員)の一部の者を「業務執行社員」に定めることが出来ます。また、業務執行社員が複数いる場合には、その中から会社を代表する「代表社員」 (株式会社の代表取締役のような役職)を決めることが出来ます。
誰が「業務執行社員」「代表社員」になるか、事前準備の段階で決めておきます。

《損益分配の割合を決める》

合同会社(LLC)では、定款で定めることで、労務・知的財産・ノウハウの提供等を反映して、貢献度合に合わせて出資割合とは関係なく、利益の分配をすることができます。
(定款で特に定めない場合は、原則として出資した割合に応じて利益を分配することになります)

どのような割合にするかは出資者(社員)同士でよく話し合って決定します。

<その他の検討事項の例>
●社員の持分の譲渡に関する事項
●定款変更の議決はどのように決めるか

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事