合同会社(LLC)とは

合同会社(LLC)とは


・合同会社(LLC)はメンバーの個性が重視される「人的会社」

・合同会社(LLC)は利益分配の割合を自由に決められる。

・合同会社(LLC)は組織形態・運営も自由に決められる。

・合同会社(LLC)はスピーディーな意思決定・運営ができる、小規模起業にピッタリの会社形態です。

合同会社(LLC)は、2006年5月より新設された新しい会社の種類です。
LLC=Limited Liability Company(リミティッド・ライアビリティ・カンパニー)直訳すると「有限責任会社」という意味合いになります。

合同会社(LLC)と株式会社の違い

株式会社は「物的会社」

株式会社は、お金や設備などのモノを中心に考える「物的会社」と呼ばれる組織です。
会社はお金を出した株主のものであり、会社が利益を生んだら、その利益の配当を、お金を出した株主が受けることができます。
そして、その配当の割合は、基本的にはお金をいくら出したかによって、つまり出資額の割合に応じて決まります。
多く出資した株主は多く配当をもらえるし、少額しか出資していない株主はそれなりにしかもらえません。


LLC(合同会社)は「人的会社」

一方、LLC(合同会社)は、構成員が誰であるかを重視し、ヒトを中心に考える「人的会社」と呼ばれる組織です。
会社が生んだ利益を出資者が分配するのは、株式会社(物的会社)と同じですが、LLC(合同会社)では利益分配の割合は、必ずしも出資額の割合と同じでなくても良いのです。
合同会社(LLC)では出資額は少なくても、知識やノウハウや働きで会社に貢献する人を評価して、多くの配当を与えるように取り決めることも可能です。

合同会社(LLC)のほかにも、合名会社や合資会社など「人的会社」の制度はありますが、出資者の一部または全員が無限責任でありリスクが大きいため、合同会社(LLC)に比べると利用されることは多くはありません。

合同会社(LLC)は、LLP(有限責任事業組合)や株式会社と同様に、出資者は有限責任ですから、リスクは大幅に軽減されます。

合同会社(LLC)のように
・株式会社と異なりヒトを重視する「人的会社」であって、
・合名会社や合資会社と異なり「有限責任」の会社は
2006年の新会社法ができるまでなかったのです。

合同会社(LLC)は、"お金"よりも、人が有する知識やノウハウ・技術の方を重視しようという考え方に対応できる会社制度です。


以上のような合同会社(LLC)の特徴を生かした例として、
お金は多く出せないけど能力を持つ『人』と、お金を出せる『企業』が共同で合同会社(LLC)を設立するという事例での利用が考えられます。
従来であれば、お金を出した企業が会社の所有者として利益を享受していたのですが、合同会社(LLC)を活用することにより、お金を出した企業と能力を提供した個人が対等な立場で会社を経営できることになります。


合同会社(LLC)の特徴はほかにもあります。
・利益分配の割合を自由に決められる。
・組織形態・運営も自由に決められる。
・スピーディーな意思決定・運営ができる

合同会社(LLC)の特徴については次の合同会社(LLC)の特徴で解説したいと思います。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事