個人事業か、会社設立か

個人事業か、会社設立か

起業するにあたって、まず初めに「個人事業」にするか「会社」にするかで迷う方も多いと思います。
また、今現在個人事業主の方で、会社にしようかと迷っている方もいるでしょう。

個人事業の場合は、登記の手続きや資本金は不要です。特に手続きをすることなくすぐに始めることができます。
一方、会社を設立する場合には、登記等の手続きの手間と費用がかかり、資本金(開業資金)を用意する必要があります。
(といっても、会社も資本金1円から設立可能ですので、資本金の要否は大きな差にならないかもしれません。)

すぐに始められて面倒な手続きが少ない個人事業ですが、デメリットもあります。
手続きなしですぐに始められるということは、乱暴な言い方になってしまいますが「誰でもできる」ということ。法的手続を経て公的に登記された会社に比べると社会的信用の面で劣りますし、税金面でも会社のほうが有利(節税)になる場合があります。

一般的には、株式会社等の法人を設立して開業するほうがメリットは大きいと言われています。

以下に、「個人事業」と「会社設立」の比較を表にまとめました。起業を検討されるときの参考になれば幸いです。

項目 個人事業 会社(法人)
開業費用 事業に必要な資金だけ 事業に必要な資金+会社設立費用
開業手続き 税務署等に開業届のみ 設立登記+開業届
事業の変更 いつでも可能(手続き不要) 定款の変更や変更登記が必要
社会的信用 会社に比べると高くない。個人の信用が頼り。 法的手続きを経て登記された法人なので、信用が高い。
事業に対する責任 事業主がすべて責任を負う 原則として出資の額までの責任(経営者個人の財産は守れる)
会計 経理や確定申告は比較的簡単。 決算書の作成は、一般的には税理士に依頼する場合が多い。
税金 所得税(累進課税)。所得が少ない場合は有利。 所得が多くなるほど節税効果が高い。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事