商号調査・目的確認

商号調査・目的確認

場所:本店管轄の法務局
商号調査・目的確認ともに同じ法務局ですので、2つともいっぺんに済ませましょう
    管轄法務局はこちらで調べられます
商号調査・目的確認ともに費用はかかりません。無料です。

商号調査

新会社法では、類似商号規制はなくなりましたが、
「本店所在地と同一の住所」で「同一の商号」を使用することはできません。

同じ建物(ビル・マンションなど)に同じ商号の会社が登記されている可能性もあります。
(会社事務所が存在していなくても、同一商号のほかの会社が登記されている可能性はあります)
可能性としてはほとんどないかもしれませんが、念のため確認することをおすすめします。

商号調査は、本店の所在地を管轄する法務局で商号調査簿を閲覧して調べます。
 
■同一の住所とは・・・

本店所在地が「渋谷区千駄ヶ谷1丁目7番4号101号室」の場合

「渋谷区千駄ヶ谷1丁目7番4号」⇒同一住所にあたります

「渋谷区千駄ヶ谷1丁目7番4号102号室」⇒同一住所にあたりません

たとえば、ビルやマンションの一室に会社をおく場合には注意が必要です。
同じ建物(ビル・マンションなど)で部屋番号が違っても、「同一住所」となる場合がありますので、同じ建物内に同一の商号の会社がないかどうかチェックするようにしましょう。

■同一の商号とは・・・

「株式会社HIKE」という商号で設立しようとする場合

《同一商号にあたる例》 ⇒その商号は使えません
・「株式会社HIKE」(まったく同じ)
・「HIKE株式会社」(「株式会社」のつく位置が異なる)

《同一商号にあたらない例》
・「合同会社HIKE」(会社の種類をあらわす言葉が異なる)
・「株式会社エイチアイケーイー」(表記が異なる)

この場合は同一商号ではありませんので、登記できます。

しかし、有名企業やブランド、近隣の会社と似たような会社名で会社を設立した場合、「不正競争防止法」などの他の法律の規定にも抵触する可能性もあり、商号使用の差止めや、場合によっては損害賠償請求される可能性もありますので注意が必要です。

事業目的の確認とは

事業目的とは、会社が営む事業の内容のことです。
事業目的は必ず定款に記載し、登記しなければなりません。
会社は定款で決めた事業目的の範囲内でしか営業活動を行なうことができませんので、将来行なう可能性がある事業の内容は設立の時点で盛り込んでおきましょう。

定款を作成する前に、記載する事業目的が適格であるかどうかを本店の所在地を管轄する法務局で確認します。
商号調査で法務局に行った時に、事業目的の確認もしてきましょう。

事業目的案を書いた紙を法務局の相談窓口に持参し、登記官あるいは相談担当者に見せて確認してもらいます。

新会社法では、事業目的の表現は包括的なものも認めれれることになっていますが、「適法であるか」「営利を目的としているか」「明確な表現であるか」といった審査は従来どおりされますので、念のため確認をしてもらうことをおすすめします。 

その事業目的で良いか最終的に判断するのは、本店の所在地を管轄する法務局です。
事業目的の事前の確認を怠って設立手続きを進め、最終段階の登記申請でダメだと言われたら、定款の作成からやり直さなければなりません。
定款を作る前に、事前に事業目的を管轄の法務局で確認してOKをもらってから、定款の作成に入りましょう。

また、営業するにあたって、役所の許認可を必要とする業種については、決まった文言を事業目的の中に入れておかないと許可や認可を取得できない場合がありますので、あらかじめその許認可を扱う役所に確認する必要があります。

例えば、人材派遣業を営業する場合、
「一般労働者派遣事業」や「特定労働者派遣事業」という事業目的にする必要があります。

許認可を必要とする業種の例

 会社代表印の注文

会社代表印とは 会社の実印のことです。会社代表印は法務局に印鑑登録します。(設立登記申請と一緒に印鑑登録もします) 設立登記の書類にはこの会社代表印を使いますので、商号調査が済んで、商号(会社名)が確定したら早めに会社代表印をつくりましょう。

会社代表印は大きさの規定があります。
印鑑屋さんに注文するときには、「会社代表印(会社の実印)をお願いします」と伝えれば、規定どおりの印鑑を作ってくれるでしょう。

どこの印鑑屋さんもたいてい「会社代表印(実印)」「銀行印」「角印」の3本セットで注文できると思います。

「会社代表印(実印)」・・・文字通り、会社の実印です。法務局に印鑑登録し、設立登記の際にも使うものですので、必ず準備する必要があります。
「銀行印」・・・会社の取引銀行へ登録する重要な印鑑です。小切手・手形の押印や金融機関との取引時に使用します。個人の場合と同じく、実印とは分けて使いましょう。
「角印」・・・会社の契約書、領収書、一般的な文書等に社名と共に捺印します。

設立手続きでは、会社代表印だけしか使いませんが、銀行印、角印も会社を設立し、営業するときには必要になるものですので、このときセットで注文されると良いでしょう。

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事