ホームページ上で公告ができる

ホームページ上で公告ができる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     ここがポイント!一番やさしい「新会社法」活用の秘訣
   
          【第19号】  2006/11/16
         
        発行: HIKE会社設立サポートセンター
                          
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 こんにちは。ご購読、ありがとうございます!
 
 起業支援、会社設立手続専門の行政書士事務所
 『HIKE会社設立サポートセンター』の熊谷です。
 
 このメルマガは、起業家や中小企業の経営者の方に役立つ、
 トクする「会社法」活用法を、必要なポイントに絞ってお伝えします。

  『ポイント』を『やさしく』『詳しく』『わかりやすく』。
 これがこのメルマガのコンセプトです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ホームページ上で公告ができる
───────────────────────────────────
 
 株式会社では、「公告」の義務があります。
 
 公告は「官報」に掲載するのが一般的ですが、
 インターネットのホームページ上で公告をすることもできます。
 (電子公告といいます)
  
 --------------------------------------------------
 ○ 公告とは
--------------------------------------------------

 株式会社は自社の経営に関わる重要な事項を決定したら、
 株主、債権者などの利害関係者に知らせなければなりません。

 最もよく目にするのは決算公告です。
 
 決算公告とは、株式会社が前年度の決算内容について
 株主総会の承認を得た後、その要旨を債権者や投資家に
 広く伝えるために官報などに掲載するものです。

 決算以外でも、合併、減資、組織変更などの場合にも、
 公告する義務があります。

 ※有限会社では、決算公告の義務はありません。

 公告の方法には、官報、日刊新聞紙、電子公告の3種類あります。

 どの方法にするかは、定款に定めることになっていますが、
 特に定款で定めなかったときは、官報によることになります。

 官報が最も一般的に行われる方法です。

 日刊新聞紙は掲載費用がかなりかかるので、
 中小企業では利用しにくいと思います。
 
 --------------------------------------------------
 ○ 電子公告とは
--------------------------------------------------

 電子公告とは、公告をホームページで公開するものです。
 
 官報だと、1回掲載すればいいのですが、
 電子公告の場合、一定期間(決算公告の場合5年間)
 継続してホームページ上に掲載・公開しなくてはなりません。

 また、定められた形式できちんと掲載しているかどうか、
 国の登録を受けた調査機関の公告調査を受けなければなりません。
 この調査費用が十数万~と結構かかってしまいます。

 --------------------------------------------------
 ○ 決算公告だけなら、費用はあまりかからない
--------------------------------------------------

 ただ、決算公告では、公告調査は不要となっていますので、
 この調査費用はかかりません。
 
 かかる費用は、サイトの制作と維持管理費くらいでしょうか。

 官報による公告だと、おおよそ6万円程度かかります。

 決算公告だけなら、費用面で考えると
 電子公告を利用するメリットがあるといえます。
  
 ただ、既存の会社が公告方法を変更して、
 電子公告にする場合は、定款変更と登記が必要です。
 変更登記の登録免許税が3万円かかります。

 新規に会社設立する場合で、電子公告を採用するときは
 設立登記の中で公告方法を登記しますので、
 電子公告だけでの登記費用はかかりません。
 
 ただし、決算公告以外での公告をする場合は、
 先述の調査費用がかかりますので、注意が必要です。

 また、合併、会社分割、資本減少、準備金減少の場合は、
 定款で公告方法として官報と定めていない場合でも、
 債権者保護手続きのための公告として、
 かならず官報による公告が必要です。

 とはいえ、決算以外の公告をする機会は、
 中小企業では通常はあまりないと思いますので、
 電子公告を検討するのも良いかもしれません。
 
 --------------------------------------------------
 ○ 電子公告をするには
--------------------------------------------------
 
 公告方法を電子公告にする場合、
 
 決算公告では、
 貸借対照表などの全文の掲載が必要(要旨だけでは不可)で、
 5年間継続してホームページ上に掲載・公開しなくてはなりません。

 既存会社が、公告をホームページ上の掲載にするときは、
 掲載URLの登記が必要です。
 
 また、会社設立の場合は、
 公告を載せるURLを登記する必要があります。

 設立登記のときに、URLを記載する必要があるので、
 「官報での公告」の場合と
 一般的な設立登記書類と書き方が変わる部分が
 ありますので注意が必要です。

 電子公告制度についての詳細は法務省のサイト
  http://www.moj.go.jp/MINJI/minji81.html
 
-----------------------------------------------------------------
 会社設立・起業に関する疑問・質問はこちらへどうぞ!
  
  ■会社設立・無料メール相談■
 
 会社設立実績豊富な専門家行政書士が丁寧に回答いたします。
 24時間受付中。土日祝日もOKです!!
 
 ⇒ 会社設立・起業相談はこちらから

  ■会社設立手続のご依頼はこちら■
 
 会社設立専門の行政書士が安心・完全サポート!
 【全国対応】
 
⇒ お申込みはこちらから
-----------------------------------------------------------------

【各種営業許認可もお任せください!】

 HIKE建設業許可 

 HIKE宅建業

 古物商許可申請

不動産投資顧問業登録
 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────── 

 事務所の近くでマンション建設をしているのですが、
 最近、内装工事に移ったようで、騒音もなくなりました。

 この間まで、事務所の入っているマンションでも
 階段の補修工事をしていました。

 両方の工事の音が「挟み撃ち」状態になっていて
 環境劣悪だったのですが、
 両方とも今は落ち着き、快適な環境が戻ってきました。

 事務所への電話でもご迷惑をかけてしまった方もいました。
 すみませんでした。
 
 もう大丈夫です。

 でも、静かになったらなったで、
 なんとなく落ち着かないのは、なぜなのでしょうか?

 慣れって恐ろしい。 
 
……………………………………………………………………
★ もし気に入っていただけたら、
  お友達やお知り合いにも,このメルマガを転送してあげてくださいね。

    登録はこちらから

……………………………………………………………………
 
 最後までお読み頂きありがとうございました。

 次号もお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者 :HIKE会社設立サポートセンター
発行責任者:行政書士 熊谷 竜太

■ 起業・会社設立の情報ならこちらから。
  会社法・LLC(合同会社)・LLP(有限責任事業組合)の
  情報も満載です!
    HIKE会社設立サポートセンター

■ 起業相談室長“ハカセ”(私、熊谷のことです)の
  Blog「行政書士“ハカセ”の起業レポート 」  
==========================================
このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。
登録はこちらから
発行者Webサイト: HIKE会社設立サポートセンター

当メールにより生じる損害等について責任は一切負いません。
本メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。
===========================================
Copyright(C)2006 KIT Support Center All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事