有限会社の登記簿謄本が変わっています

有限会社の登記簿謄本が変わっています

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     ここがポイント!一番やさしい「新会社法」活用の秘訣
   
          【第10号】  2006/5/10
         
        発行:HIKE起業家サポートセンター
                          
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


………CONTENTS………………………………………………………………
  
 1.有限会社の登記簿謄本が変わっています
 2.5月14日、「新会社法セミナー」最終のご案内 
 3.起業家におすすめ
 4.編集後記
……………………………………………………………………………………………


 こんにちは。ご購読、ありがとうございます!
 
 起業支援、会社設立手続専門の行政書士事務所
 『HIKE起業家サポートセンター』の熊谷です。
 
 このメルマガは、起業家や中小企業の経営者の方に役立つ、
 トクする「新会社法」活用法を、
 必要なポイントに絞ってお伝えします。

  『ポイント』を『やさしく』『詳しく』『わかりやすく』。
 これがこのメルマガのコンセプトです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.有限会社の登記簿謄本が変わっています
───────────────────────────────────
 
 新会社法が5月1日に施行されました。

 連休が明けて新会社法での会社設立や変更など
 いよいよ本格始動してきたようです。

 今日は東京法務局に行ってきたのですが
 相談窓口は常に50人くらい待っているような
 大繁盛?ぶりでした。
 
 
 さて、今日は有限会社について法務局で仕入れた情報を
 お伝えしたいと思います。

 
 有限会社は、有限会社の商号のまま、
 法律上は株式会社として扱われています。
 
 法律上は株式会社なので、
 
 社員は「株主」
 出資1口は「1株」に自動的に変わっていて、
 登記も何もしなくても変わっています。

 
 また「株式の譲渡制限に関する規定」も
 今まではなかったのですが
 この規定も登記簿に加わっています。

 
 もうひとつ、有限会社の登記簿謄本を見ると、
 「発行可能株式総数」という項目も新たに加わっているはずです。

 「発行可能株式総数」とは
 定款変更することなく、発行できる株式の数です。

 たとえば、1株5万円で
 「発行可能株式総数」が800株だったら、
 4000万円までは、定款を変更しなくても
 増資ができるということになります。


 
 有限会社では、この「発行可能株式総数」の規定についても
 新たに(勝手に)登記されているのですが、
 総数がいくらになっているのかといいますと、
 これまた勝手に決められていまして、
 
 (資本金の額)÷(1株の金額)になっています。

 ※「勝手に」と書くと語弊があるかもしれません。
  正確には
  「法律の規定に基づいて」と書くべきところですが
  分かりやすくするため、
  あえてこのような表現にしています。


 資本金300万円で1株5万円だったら、
 「発行可能株式総数」は60株となっていると思います。


 「発行可能株式総数」は60株になっていて、
 すでに発行しているのも60株(300万円)なので、

 そのままだと新たに株式は発行できない、
 つまり、増資できないのです。

 

 なんだかややこしい話になってきましたが・・・
 

 有限会社が増資するためには
 まず、「発行可能株式総数」を変更してから
 増資(新株発行)しなければなりません。


 単に増資(新株発行)の登記だけでなく、
 「発行可能株式総数」の変更登記も
 必要になってしまうということですね。

 いつもより難易度の高い話になってしまいましたが
 結論としては・・・・


 【まとめ】

 有限会社は、株式会社に変更しなくても
 登記簿は自動的に変わっています。

 有限会社でも
 増資の予定がないのであれば
 とりあえずはそのままでいいと思いますが
 
 時機をみて 
 新会社法で強制的に変わった部分を反映した
 定款につくり変えておくことをおすすめします。
 
 そしてその際には、将来の増資の可能性のため
 「発行可能株式総数」の変更も検討課題になってくると思います。


 
 

 疑問・質問はこちらへどうぞ!
  
  ■新会社法による会社設立・無料メール相談■
 
 会社設立実績豊富な専門家行政書士が丁寧に回答いたします。
 24時間受付中。土日祝日もOKです!!
 
 ⇒ 会社設立・起業相談はこちらから

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.5月14日、「会社法セミナー」最終のご案内
─────────────────────────────────── 
 

 ■HIKE起業家サポートセンター主催のセミナーのご案内■
 
 失敗しない会社設立の方法、
 得する「新会社法」活用の秘訣を教えます
 
 『起業家のための「新会社法」活用術セミナー』
  

5月14日(日)14:30~16:30 (2時間)

場所:東京・渋谷
  
講師:熊谷竜太(HIKEサポートセンター・行政書士)

  対象:新会社法を利用して会社を作る予定の起業家
     会社設立を検討中の方(今後どうなるのか知りたい方)


 ●株式会社、合同会社(LLC)、有限責任組合(LLP)
  それぞれのメリット・デメリットと費用を徹底比較し、
  自分に合った会社形態の選び方、それぞれの制度の活用法を公開します。

 ●新会社法を活用して会社設立する場合に、
  どのような点に注意したら良いか、
  組織形態(機関設計)や運営方法のことまで考えた
  設立方法をご紹介します。
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.起業家におすすめ
───────────────────────────────────

 
 【起業したばかりの方には…】

 千葉県船橋市の税理士・山本さんのわかりやすい無料レポート。
 私も会社設立したお客様に聞かれることが多いです。
 そんなときは、「わかりやすいレポートがありますよ」とおすすめしています。
 
 個人事業をはじめたり、会社を設立しても、経理のことは後回しになりがち。
 そんなあなたのための無料レポートです。
 このレポートでは、起業されたばかりの個人事業者・法人が、第一期の決算
 までに何をしておけば良いのかがわかるようになっています。
  → http://tinyurl.com/bc27y
 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.編集後記
─────────────────────────────────── 
 東京法務局では
 結局4時間くらい待たされました。

 待っている間、相談窓口に一番近い席に座っていたので
 ほかに相談に来ていた人の事例も聞こえてきて
 たくさんの情報が入手できてしまいました。

 でも、あまりに長かったので
 少し居眠りしてしまいました・・・

 あまりに長かったので。
 
 あと、以前の事務所の同僚Kさんともばったり会って
 短い時間でしたが情報交換させていただきました。

 
 このごろは同業の方に会うと
 必ず新会社法の話しになり、すっかり「新会社法漬け」です。

 週末のセミナーでは、
 いい感じに「漬かった」?!
 新鮮情報をいろいろお話しようと思っています。

  
…………………………………………………………………………………………

★ よろしければ、このメルマガへの感想・ご意見・ご質問などなどいただ
  けると嬉しいです。
    感想などはこちら ⇒ kumagai@kit-network.jp
 
 いただいたご感想・ご意見については、メルマガ・Blog(日記)など
 で掲載させていただくことがあります。もし掲載をご希望されない場合は、
 ご感想・ご意見にその旨ご連絡下さいますようお願いいたします。
   

★ もし気に入っていただけたら、
  お友達やお知り合いにも,このメルマガを転送してあげてくださいね。

    登録はこちらから
……………………………………………………………………………………………
 
 最後までお読み頂きありがとうございました。

 次号もお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者 :HIKE起業家サポートセンター
発行責任者:行政書士 熊谷 竜太

■ 起業・会社設立の情報ならこちらから。
  新会社法・LLC(合同会社)・LLP(有限責任事業組合)の
  情報も満載です!

■ 起業相談室長“ハカセ”(私、熊谷のことです)の
  Blog「行政書士“ハカセ”の起業レポート 」  

==========================================================

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 を利用して発行しています。
配信中止はこちら
発行者Webサイト: HIKE起業家サポートセンター

当メールにより生じる損害等について責任は一切負いません。
本メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。
==========================================================
Copyright(C)2006 KIT support center All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事