合同会社(LLC)は人が中心

合同会社(LLC)は人が中心

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     ここがポイント!一番やさしい「新会社法」活用の秘訣
   
          【第3号】  2006/3/15
         
        発行:HIKE起業家サポートセンター
         http://kit-network.jp/kigyo/
                          
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


………CONTENTS………………………………………………………………
  
 1.合同会社(日本版LLC)とは【その1】 
 2.ハカセの起業相談室 ~相談室って?ハカセって? 
 3.お役立ちメルマガご紹介
 4.編集後記
……………………………………………………………………………………………


 こんにちは。ご購読、ありがとうございます!
 
 起業支援、会社設立手続専門の行政書士事務所
 『HIKE起業家サポートセンター』の熊谷です。
 
 このメルマガは、起業家や中小企業の経営者の方に役立つ、
 トクする「新会社法」活用法を、
 必要なポイントに絞ってお伝えします。

  『ポイント』を『やさしく』『詳しく』『わかりやすく』。
 これがこのメルマガのコンセプトです。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.合同会社(日本版LLC)とは【その1】
───────────────────────────────────


 前回は、新会社法では、合同会社という新しい会社の種類ができるという
 お話をしました。

 この合同会社は「日本版LLC」とも言われます。
 
 アメリカで広く活用されている会社形態のLLCを
 モデルにした制度なので、「日本版LLC」と呼ばれていますが、
 法律上の正式名称は「合同会社」という名称になっています。

 会社名としては「合同会社○○」などとなります。

---------------------------------------------------
  合同会社は人が中心
--------------------------------------------------- 

 この合同会社(日本版LLC)の特徴は、「人」が中心である点です。


 株式会社は、基本的には多くの株主から広く出資を募るという形です。
 
 非常に極端な言い方ですが、
 “お金を出しさえすれば、誰でも株主になれる”というオープンな考え方です。
 (株式譲渡制限がない場合)


 一方、合同会社は 
 メンバーである「社員」は、原則として出資をするとともに、経営もします。
 
 ここでいう「社員」は「従業員」という意味ではありません。
 構成員であり出資者でもある人で、
 株式会社でいう株主と取締役の両方の役割を持ちます。
 つまり、オーナー兼経営者。

 合同会社は広く出資を募るのが前提ではありません。

 仲間同士であるとか事業のパートナー同士であるとか、
 あるいは自分1人という場合もありますが、
 メンバーが誰であるかが重視されます。

 そういった意味で、合同会社は「人的会社」と呼ばれます。
 


 メンバーが誰であるかが重視されるので、 
 株式会社の株主のように、
 メンバー(社員)が頻繁に入れ替わる(加入・退社)ことは
 あまりないのが前提です。


 新たに社員が加入する場合には、
 定款(設立の際に作る、感謝の基本的な決まりを定めるもの)の変更が
 必要になるという決まりがあり、
 簡単には加入ができないようになっています。

 また、持分の譲渡(合同会社の社員の地位を他人に譲渡すること)も
 基本的には、ほかの社員全員の同意がなければできません。

 
 合同会社は、少人数の仲間同士、事業のパートナー同士での
 起業に活用しやすい会社形態だといえると思います。


 まだまだ、合同会社(日本版LLC)の特徴はたくさんあります!

 続きは次回に。
 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.ハカセの起業相談室 ~相談室って?ハカセって?
───────────────────────────────────
  このコーナーでは、起業相談室長の“ハカセ”が、起業や会社設立、
 新会社法に関する疑問・質問にお答えしていきます。
 
  *ちなみに“ハカセ”とは、私、熊谷の愛称です。
   Blog「ハカセの行政書士独立開業レポート 」はこちら
     ⇒ http://plaza.rakuten.co.jp/hakase01report/
 
……………………………………………………………………………………………

  このコーナーで取り上げてほしいご質問を募集します。
    ご質問はこちらから ⇒ kumagai@kit-network.jp

 起業や会社設立、新会社法に関する疑問・質問をぜひお寄せください。
  
 すべてのご質問には答えられないかもしれませんが、
いただいたご質問は匿名でこのコーナーに掲載し、
お答えしていきたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.お役立ちメルマガご紹介
───────────────────────────────────

 税金のことって難しいけど、よく知りたいと思っている方は多いはず。 

 今日は、いつもお世話になっている、
 カリスマ税理士の山本憲明先生のメルマガをご紹介します。

 難しい税金や会計のことを、分かりやすくお伝えすることを
 使命とするメールマガジンです。
 
  『成功する経営者の条件○○を楽々身につける方法は』
    http://www.mag2.com/m/0000144525.html

(ハカセの一言コメント)
  経理・会計・税金のワンポイントが、世界一分かりやすく読める!
  私は、【編集後記の後記】が一番好きです。

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.編集後記
─────────────────────────────────── 

 第3号、いかがでしたでしょうか?
 
 新会社法で新設される新しい会社形態の「合同会社」について
 これから数回にわたり、お送りしたいと思っています。
 
 今後、設立しやすくなる株式会社についても
 お伝えしたいと思っています。
 
…………………………………………………………………………………………… 
 この時期は暖かかったり寒かったり、気温の変化が大きくて大変です。
 春が近いということなんでしょう。
 
 でも、2日位前、東京でもほんのチラッとですが雪が降りました。

 HIKEサポートセンターの代表のIは、
 「異常気象だ!地球温暖化のせいだ!絶対」と力説しています。

 ただ、私たちの事務所、一日中日があたらない場所にありまして、
 外は暖かかい日でも、部屋の中は常に寒いです。

 日が射さないので、カーテンは使っていませんが、
 暖房効果をあげるためにも
 カーテンはあったほうがいいのかなと思い始めています。

 「地球温暖化防止」と「事務所温暖化」
 一挙両得(?)を計画中です。
 
 
 

……………………………………………………………………………………………
★ よろしければ、このメルマガへの感想・ご意見・ご質問などなどいただ
  けると嬉しいです。
    感想などはこちら ⇒ kumagai@kit-network.jp
 
 いただいたご感想・ご意見については、メルマガ・Blog(日記)など
 で掲載させていただくことがあります。もし掲載をご希望されない場合は、
 ご感想・ご意見にその旨ご連絡下さいますようお願いいたします。
   

★ もし気に入っていただけたら、
  お友達やお知り合いにも,このメルマガを転送してあげてくださいね。

    登録はこちらから⇒ http://www.mag2.com/m/0000185685.htm
……………………………………………………………………………………………
 最後までお読み頂きありがとうございました。

 次号は合同会社(日本版LLC)とは【その2】
 合同会社をどう活用するか、についてです。
 お楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行者 :HIKE起業家サポートセンター
発行責任者:行政書士 熊谷 竜太

■ 起業・会社設立の情報ならこちらから。
  新会社法・LLC(合同会社)・LLP(有限責任事業組合)の
  情報も満載です!
    http://kit-network.jp/kigyo/

■ 起業相談室長“ハカセ”(私、熊谷のことです)の
  Blog「ハカセの行政書士独立開業レポート 」
    http://plaza.rakuten.co.jp/hakase01report/

==========================================================

このメールマガジンは『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/ を利用して
発行しています。
配信中止はこちら : http://www.mag2.com/m/0000185685.htm
発行者Webサイト: http://kit-network.jp/kigyo/

当メールにより生じる損害等について責任は一切負いません。
本メールマガジンの内容の無断転載を禁じます。
==========================================================
Copyright(C)2006 KIT support center All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ご相談・ご依頼はお電話かインターネットから受け付けております。
HIKE行政書士法人(ハイクギョウセイショシホウジン)
担当行政書士:熊谷 竜太
インターネットからのご相談・ご依頼はコチラ(24時間受付)
電話:03-6423-7158(10:00~19:00 月曜日~土曜日)

関連記事